CATEGORY : ALL HITO KOTO MONO

RSS

日本語 / English

Web Magazine Yadorigi

島裕介ソロ・プロジェクト第3弾『SilentJazzCase3』 7.5リリース!

大分でも様々な場所でライブをしている島裕介のリーダーアルバム『SilentJazzCase3』が7月5日(水)にPLAYWRIGHTレーベルよりリリース!

今回は、現行ジャズ2大スターのカマシ・ワシントンとロバート・グラスパー、そのグラスパーと同じく名門New Schoolでジャズを学び、SAPPORO CITY JAZZ 2015でグランプリを獲得したピアノジャズ界の新星、河野祐亮やfox capture planのドラマー井上司、若手No.1ジャズ・ギタリストの井上銘など新世代ジャズのスターが大集結し、島の作ったメロディロードを走り抜けていきます!!

「全13曲オリジナル曲です。楽曲・演奏ともに過去最高のものができたと実感しています」

と語ってくれました!

ぜひお聴きください!!

【メンバー】
島裕介  (tp, flh, fl, tb)
河野祐亮 (pf, key) 1-4,6,9,11
持山翔子  from m.s.t. (pf) 5,7,8,12,13
杉浦睦  (e-bass) 1-4,11
小山尚希  from m.s.t. (w-bass) 5-9,12,13
井上司  (ds) from fox capture plan 1-4,10,11
山内陽一朗(ds) 5-9,12,13
井上銘 (gt) 2,10
井上銘 by the courtesy of ReBornWood

”Silent Jazz Case 3” リリースを記念してライブも東京で開催されます!

7/25(火)渋谷 JzBrat
島裕介(tp,fl) 河野祐亮(p,key) 杉浦 睦(b) 井上司(dr /fox capture plan)  
ゲスト:井上銘(g)

8/19(土)渋谷 Bar RHODES
島裕介カルテット ”Silent Jazz Case 3” リリース記念ライブ
島裕介(tp,fl) 持山翔子(p,key) 小山尚希(b) 山内陽一郎(dr)

1. Philly's Dance (島裕介、河野祐亮)

2. Kick the Hyphen(島裕介、井上銘)

3. DEAI (島裕介、河野祐亮)

4. K's Dream (島裕介)

5. 瀬戸海百景 (島裕介、持山翔子)

6. R40 (島裕介、河野祐亮)

7. Forest Coffee (島裕介)

8. Misty Shimmer(島裕介、小山尚希)

9. Brown River (島裕介)

10. 鳴門渦潮 (島裕介、井上銘)

11. 西麻布136 (島裕介、河野祐亮)

12. Blue in Kyoto (島裕介)

13. Blues for Faran(島裕介)

島裕介 Yusuke Shima
 
トランペット(その他金管楽器), プロデュース, 作編曲
 
2002年から本格的にプロ活動開始。”歌うように吹く”独特のスタイルと柔らかで熱い音色がすぐに業界で評判となり、これまでに300タイトルを超えるアルバムに参加している。
2013年、初の本人名義アルバム「名曲を吹く」2作をリリース。 全国津々浦々年間100本を超えるツアーを行った。 2014年夏に全国放送されたNHK-FMの1時間特番は大きく話題となる。 タイ(バンコク・チェンマイ)ツアーも敢行、地元メディアにも取り上げられ大盛況に終わる。
トランぺッター以外に、コンポーザー・プロデューサーとしても多くの作品をリリース。
トランペットピアノDUO編成のリーダーユニット"Shima&ShikouDUO"の過去4作ほとんどの楽曲を作曲。 トランペットピアノDUO編成としては異例の、FujiRock07出演、全国タワーレコードJ-JAZZチャート1位獲得、メジャーレーベルリリース、など快挙を果たした。
クラブ・グルーヴサウンドをベースにしたプロジェクト"SilentJazzCase"でもオリジナルアルバムをリリース。 2010年作品"Jazzin'R&B"は異例のロングヒットを記録(iTunes2010年間ジャズ部門1位)、それをきっかけに多くのジャズカヴァー作品を手掛けた。
その他、メジャーインディーズを問わず多くのアーチスト・バンドのツアー・録音・プロデュース、 CM「そうだ京都行こう」2011年秋バージョンでのトランペット演奏、 NHK紅白歌合戦での某アーチストのトランペットトロンボーンセクションをすべて演奏録音するなど、幅広い活動を行う。
他にも、「JazzJapan」の連載、管楽器と歌をコンセプトとしたレーベル"MOS Sound"を主宰、など日本ジャズの新たなシーンを築上げる日々が続く。