CATEGORY : ALL HITO KOTO MONO

RSS

日本語 / English

Web Magazine Yadorigi

佐藤防水店 & SEW に行ってみた!

2015年、最初に紹介するのは現在、カモシカ書店でもバッグの展覧会&販売をしている佐藤防水店
 
すでに手に取った方、購入した方もいらっしゃると思いますが、カモシカ書店店主の岩尾くんに「面白いから、ぜひお店に行ってみて!ちびるよ!」と促され、半信半疑で大洲総合運動公園近くにある佐藤防水店へ行ってきました!
 
結論から言うと、パンツ買うはめになりました、、
 
佐藤防水店の外階段を上がるとまず身も心も温まる素敵な暖炉が迎えてくれ、奥に入るとカタカタと音が聞こえてきて、作業用のミシンが綺麗に並んでいます。
 
もともとテント・シートの専門店として「テント」「トラック用シート・幌」「TV機材を入れる袋物」「工具入れ」「テント広告」「車内装」「帆布製品」製作などをしていた佐藤防水店ですが、帆布生地の丈夫さと加工技術、ノウハウを活かし、トートやリュックなどシンプルながら考え抜かれた機能性を兼ね備えたバッグも制作・販売しています。
学生カバンを思い起こさせる色味と体育館マットのような匂い、、
聞こえ悪いけど、なんだか懐かしい。本能をくすぐられます。
2〜6号の分厚い帆布(ジーンズの約2〜3倍の厚さ)を使用しているので重いですが、それだけに丈夫で丸洗いも可能。くったくたに使い込んでいく程に味わいが出そうです。
この辺、ジーンズと一緒で育てていく楽しみもありますね!
 
カラーバリエーションも豊富でホームページでは、色の組み合わせを見ながらオーダーも出来ます。
が、ぜひ一度、お店に立ち寄ってみてください!
 
なぜなら、佐藤防水店の魅力はバッグだけではないから。
ミシンを横目にさらに階段を上がると、、
 
スタッフの野田さん曰く、究極のハンズマンがそこにあります。笑
佐藤防水店内にあるセレクトショップ「SEW」【ソー】。
実際にスタッフが愛用している日本製、アメリカ製、イタリア製のモノがセンスよく並んでいます。
それぞれに製法へのこだわりがあったり、実際に手に取らないと気付かない隠れたユーモアがあったり、環境に優しかったりと、ものづくりをしている人の目線で面白さの詰まった商品がセレクトされてます!
 
1つ1つ全部紹介したいとこですが、ぜひ一度、実際に足を運んで、直接、手に取って、野田さんの商品への愛の籠ったお話を自分の耳で聞いてみてください!
 
ショップ「SEW」からは、バッグを作っている様子も見学することができ、ものづくりをより身近に感じられます。
運が良ければ、自分がオーダーしたバッグを作っている様子を見ることができるかも??
 
この日、一目惚れして購入したもの
 
イタリア製4色ボールペン(616円)
 
珍しいB6横型ノート(194円)
 
内側が迷彩柄のA4ドキュメントホルダー(972円)
 
フィット感抜群で男の子を優しく包み込んでくれるBETONESのインナーパンツ(2052円)
 
 
ものすごい手間とこだわりの詰まったmoonSTARのスニーカーも欲しかったんですが、新しいのを買ったばかりだったので自粛。
これソール部分がグラデーションになってるんですが、染めてるわけではないんです!
ゴムの厚さを調整して下の色を透けさせてグラデーションを作ってるんです!
そんなアホみたいなこだわりがソール部分以外にもいろいろと施されてます。惚れます。
履いたら絶対買ってしまうので、試着我慢しました。
幅広甲高のシンプルなスニーカーをお探しの方はぜひ試着してみてください!
もう少し早く出会ってれば、、
 
 
大洲総合運動公園近くということで、ちょっとわざわざ行く感がありますが、わざわざ行ってください!行く価値あり!!というか、行ったほうがいい!!!
 
面白い日用雑貨が好きな方、お友達や大切な人にプレゼントを探してる方はぜひ一度、佐藤防水店へ!
 
※注意事項
面白すぎて時間を忘れてしまうので、時間の余裕のある日に行きましょう。
事実、この日、代表取締役社長 佐藤晃央さんへの取材もする予定でしたが、ショップが面白すぎて時間がなくなってしまったので、また改めて。
イケメンなので「男の背中」企画でご紹介しようと思ってます。
お楽しみに!!!
 
 
 
 
 

【営業時間】

08:45 − 18:30

【定休日】

第2土曜日・日祝日

【住所】
大分県大分市西新地2−1−4
SEW【ソー】
(佐藤防水店本社 2F バッグ工房内)
 
【電話】
097-579-6505
 
【オフィシャルサイト】