九重町民劇場20周年記念公演『このこえ』

台風一過の休日、iichikoグランシアタで行われた稽古を見学してきました。 先ずはピアノの生伴奏での歌稽古。この舞台のために作曲された曲は、どの曲もとても雰囲気があって、、、贅沢! 時間の都合でクライマックス直前でその日の通し稽古は終わったのですが、飽きのこない展開と臨場感のある台詞……

続きを読む

2本の舞台が本番直前!市村啓二インタビュー

九重町民劇場は、九重文化センターが完成したのをきっかけに2000年3月に発足した、九重町民有志らでつくる劇団です。 1999年の第1回大分県民芸術文化祭で大賞を受賞したミュージカル「朝日長者物語」のキャスト、スタッフらが中心となり旗揚げしました。 これまで、町に伝わる伝説等を題材とした先…

続きを読む

3度目の大分公演直前!劇団5454(ランドリー) 作・演出 春陽漁介・俳優 榊木並インタビュー!

3月5日-6日にJ:COM ホルトホール大分 小ホールにて上演される、劇団5454(ランドリー) 第13回公演『ト音』の作・演出 春陽漁介さんと江角先生役の俳優 榊木並さんにインタビューしました! 【若い世代】と一言でまとめると簡単ですが、マルチタスクな生活を悠々とこなす人もいれば、不器…

続きを読む

2019.03.05-03.06 劇団5454 第13回公演「ト音」 大阪で7回公演を終え、東京での16回公演を前に大分で上演!@J:COM ホルトホール大分 小ホール

初演時の戯曲が『第19回劇作家協会新人戯曲賞』の最終選考の候補となった本作品は、2013年、2015年に続き再々演される劇団5454の人気作だが、これが最後の上演となるので必見! ■STORY 教師たちしか読まない校内新聞に嘆いている新聞部の藤と秋生は、生徒たちの興味を引くため教師たちの…

続きを読む