2022.09.19 BLU-SWING LIVE @ARTEGIO MUSEUM

豊かな自然溢れる大分県を舞台に
最高の食事と音楽を楽しむイベントを企画する『Akaneko』が、湯布院を代表する老舗旅館「山荘無量塔」が運営する「空想の森 Artegio 美術館」にて、「オドレル美術館」をテーマにミュージックライブを開催します。

ドレスコードは「セミフォーマル」。襟付きシャツ、ジャケット、ワンピースやドレスのような、いつもとはちょっと違った装いで、晴れやかな気持ちでお越しください。

出演は、実力派ジャズバンドの「BLU-SWING」
ボーカルの田中裕梨を筆頭に、個人でも多くの場面で評価を得る実力と個性を持ち合わせた5人が集うバンド。

今回は、「オドレル美術館」というテーマに合わせて、リズム感の強い楽曲を中心に演奏していただきます。

そして、DJには数々の楽曲制作や田中裕梨のソロプロジェクト「CITY LIGHTS」のプロデューサーでもある「箭内健一」の参加も決定。
都内各所でDJとしても活動する箭内氏の渾身のDJもお楽しみください。

さらに、大分を代表するDJ陣が彩りを与えます。

大分県内で人気の飲食店「Ourschestra.」, 「Bar Central」, 「the HELL」の出店が決定。

夕暮れから夜にかけての特別な時間をご準備してお待ちしております。

※定員がございますので、なるべくお早めのチケット購入をオススメ致します※

-Date-

2022年9月19日(祝・月)16:00-20:30

16:00     開場
16:00 – 16:40 DJ SHINTARO
16:40 – 17:20 DJ SHUNDAI
17:20 – 18:00 DJ NIWA
18:00 – 19:00 DJ 箭内健一
19:00 – 20:15 BLU-SWING LIVE
20:15 – 20:30 随時退場
20:30     閉場
※上記は7月26日更新の最新情報です。

-Location-
空想の森 Artegio

※有料駐車場(500円)をご準備致しますので、お車でお越し頂けます。
先着順でのご案内です。ご希望の方はフォームより回答ください。
※無料駐車場も近隣の宿泊施設の駐車場にご準備しております。
束ノ間さんの駐車場をご利用ください。会場まで徒歩15分です。
駐車可能数には限りがございますので、万が一に備えて、余裕を持ってお越しください。
※最寄り駅は「JR九州 由布院駅」です。タクシーで15分程度で到着します。

-Ticket-

【早割:一般】5,500円 ※完売

【通常:一般】6,600円 ※数量限定

【学 生 割 引】5,500円  ※数量限定

※チケット1枚につき1杯分のドリンクチケットがついてきます。
※前売り券が完売した場合、当日券の販売予定はございません。
※ご購入前に感染症及びその他の事由に対する不安がある方はご購入をお控えください。
※天候・もしくは感染症に関する要因による中止の場合の交通費や宿泊費の補償はできかねます。
※お客様都合によるキャンセルは、いかなる事由におきましてもご返金できかねます。
詳しくはサイト下部のキャンセルポリシーをご確認ください。

-Artist-

・BLU-SWING

BLU-SWINGはサウンドクリエーター、ボーカリスト、プレイヤーを含む5人組のバンドである。2008年にアルバム「Revision」でメジャーデビュー。このアルバムは主要レコード店においてクラブチャート1位、Jポップチャート3位を記録。国内外問わずライブアルバム、プロデュースワーク等、複数の作品をリリース。インドネシアやベトナムをはじめアジアでのジャパンフェスティバルへの出演やロンドン・ロイヤル・オペラハウスのコンサートマスター“ヴァスコ・ヴァッシレフ”のバックバンドを務めるなど国際的な活動でも知られている。

・箭内健一
Soul Sourceとして、JACKSON 5 RemixesやEARTH.WIND & FIRER Remixes等、数々のコンピレーションや企画アルバムをプロデュースする傍ら、自らのオリジナルアルバムを3枚発表。 Slow Motion Replayは、フランスのSoulabと契約し、traxsourceやjunoなど欧米大手ダウンロードサイトでジャンル別でそれぞれ1位、2位を記録。 またイギリス国営放送BBCを中心にヨーロッパのラジオで大量オンエアーを獲得。 その他2012年4月以降5ヶ月連続でリリースするジャイアント馬場の記念DVDのテーマソングを制作。 2013年にはヴァイナルレコードのリリースをメインとしたレーベルSMRを立ち上げ、2014年には、新たに設立されたプロバスケットボール bリーグ 福島ファイヤーボンズのサウンドプロデュースを担当する。2016年には、同郷のクリエイティブディレクター箭内道彦とのユニットyanai brothersで、ザ・ブルーハーツのリミックスアルバム re-spectに参加する。自治体の音楽なども含めて精力的に活動している。

-Food & DRINK-

・Ourschestra.

大分県別府市にあるホステル&カフェ。別府の裏路地に現れるセンスあふれる空間は、国内外の旅人が入り混じる。本格派スパイスカレーとタコス、そして絶品ジェラートまで、幅広い客層で賑わう話題のお店。当日は人気のタコスをご提供いただきます。

Bar Central
大分県大分市にある本格的な料理を提供するカクテルバー。100種類以上のカクテルと、ウイスキー好きを唸らせるウイスキーの数々。数々のお店を渡り歩いたシェフによる本格イタリアン。幅広い用途に対応できる人気のお店です。当日は、お酒に合う前菜盛り合わせをご提供いただきます。

・the HELL
大分県別府市にあるレコードバー。1000枚以上あるレコードから、空間と客層に合わせた選曲を楽しめる。季節のフレッシュフルーツや、地元の食材を活用したインフューズドカクテルを中心に提供。時折行われるDJイベントでは、世界各国から別府へ集まった留学生たちが集う。当日は、オリジナルカクテルからワイン、ノンアルコールまで、様々なドリンクを提供いただきます。

-Info-

Akaneko運営事務局

※各会場へのお問合せはご遠慮ください。
Mail:akaneko.music.oita@gmail.com
H P:https://www.akanekomusic.com/
※感染防止対策は国指定のガイドラインに従って運営致します。
※下記の内容を必ずお読みいただき、ご承諾いただいた上でチケットをご購入いただきますようお願い致します。
コロナウィルス感染対策防止には万全の対策で開催しますが、参加に対する不安がある方はチケットのご購入をご遠慮ください。

-Akaneko-
豊かな自然と食文化に恵まれた大分県の魅力を再発見する音楽イベントを企画運営。2021年より活動を開始し、2021年10月にKan Sano、 2022年5月にUQiYO、 2022年9月にBLU-SWINGを大分県へ招聘。LIVEハウスやナイトクラブではなく、大分県内の特徴的な場所での開催にこだわり、普段味わえないライブの空気感が好評を博す。より多くの人に大分県の魅力を再発見する機会の提供を目指して活動中。
Founder / Producer:Kenzo Fukagawa
Founder / Creative Director:Hiroshi Okamoto

【イベントについて】
イベントはスタッフのみならず、お客様の皆様と共に作り上げるものだと考えております。
互いに配慮をしながら、マナーを守りながら楽しい空間を作りましょう!
※会場内外で他のお客様の迷惑になる行為はご遠慮ください。
また、スタッフの指示に従わない場合は、強制的に退場していただくか入場をお断りする場合がございます。
※貴重品は各自の責任で管理をお願い致します。
※演奏中の撮影・録画・録音機器による、撮影・録画・録音等は一切禁止と致します。
また、携帯電話、スマートフォン等の携帯端末での撮影・録画・録音もご遠慮ください。
※会場近隣の宿泊施設の皆様への迷惑行為はおやめください。
※お客様間のあらゆるトラブル、会場内外でスタッフの指示及び注意に従わずに生じた事故やトラブル等、主催者、会場、アーティスト、アーティスト所属事務所、レーベル等は一切責任を負いかねます。
また、協議等問題解決には一切関与致しませんので、全て当事者同士で解決をお願いします。
※会場内外の映像、写真が一般に公開されることがあります。予めご理解の上、ご来場ください。
もし映像に映りたくないなどありましたらスタッフにお声掛けください。

【キャンセルポリシー】
キャンセルポリシーを基に、突然の体調不良・交通機関の事情によるもの・ご家庭の事情などのやむを得ない理由でも、キャンセル料を頂戴いたします。ご理解いただきたくお願い申し上げます。
*前日~〇日前までのキャンセルについて
・イベント当日のキャンセル ご返金なし
・イベント前日~3日前までのキャンセル ご返金なし
・イベント4日前~10日前までのキャンセル 80% (別途お振込み手数料をいただきます)
・イベント11日前~20日前までのキャンセル 50% (別途お振込み手数料をいただきます)
・イベント21日以前のキャンセル 30% (別途お振込み手数料をいただきます)

■例外
天災や開催に関する運営側の事情により【イベント自体の開催中止】の場合は払い戻し対応とさせていただきます。
詳細は随時ご連絡させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

TOP

PR

Yadorigiでコラムを書いてみませんか?

取材・掲載についてのお問い合わせ